法人のあゆみ

1923年(大正12年)

関東大震災の罹災母子を対象にエ・ゼースタイワルト宣教師本田伝喜牧師等がスペイン公使館跡地にバラックを急設、保護を開始する。

 

1924年(大正13年)

墨田区の現在地に幼稚園併設の母子収容施設を常設する。

 

1945年(昭和20年)

東京大空襲により施設が全焼する。

 

1947年(昭和22年)

エーネ・パウラス宣教師が責任者となり施設を再建する。

 

1950年(昭和25年)

本所ベタニヤ母子寮認可開設される。

 

1951年(昭和26年)

菊川保育園認可開設される。

 

1952年(昭和27年)

社会福祉法人ベタニヤホーム認可される。

 

1953年(昭和28年)

富士見保育園を(江戸川区小岩)開設する。

 

1967年(昭和42年)

本所ベタニヤ母子寮を全面改築する。

 

1969年(昭和44年)

菊川保育園を全面改築する。

 

1974年(昭和49年)

富士見保育園を全面改築する。

 

1985年(昭和60年)

本所ベタニヤ母子寮の定員を20世帯(旧30世帯)とし、緊急一時事業を開始する。

 

1986年(昭和61年)

バーナード・バン・リヤ財団(オランダ)より6年間にわたり、1億円の支援を受け、家庭養育機能の子育て援助事業を開始し施設事業の充実、地域福祉の先駆的実践事業を始める。

 

1998年(平成10年)

法改正により「本所ベタニヤ母子寮」を「母子生活支援施設ベタニヤホーム」と改称する。

 

2001年(平成13年)

墨田区の要請を受け、社会的保育待機児対策の一環として菊川保育園両国分園を開設する。また、東京都の要請を受け母子生活支援施設ベタニヤホームが母子・女性緊急一時保護事業を開始する。

 

2002年(平成14年)

墨田区の委託を受け、すみだ子育て相談センターの管理運営にあたる。

 

2003年(平成15年)

墨田区の委託を受け、文花子育て相談センターの管理運営にあたる。

 

2005年(平成17年)

墨田区・中央区の補助金を受け母子生活支援施設棟耐震補強工事を実施する。

 

2007年(平成19年)

こひつじ保育園(墨田区緑)を開設する。

 

2008年(平成20年)

墨田区の「すみだ子育て相談センター」を「両国子育てひろば」に、「文花子育て相談センター」を「文花子育てひろば」に改称する。

社会福祉法人ベタニヤホームが全国社会福祉協議会百周年記念式典にて表彰される。

 

2011年(平成23年)

菊川保育園を全面改築する。

 

2013年(平成25年)

一時預かり・定期利用保育事業「ベタニヤホームおひさま保育室」を開設する。

 

2016年(平成28年)

新ロゴマーク完成。